石んこ地蔵をどうぞ

お地蔵様「石んこ地蔵」・観音様などの石仏 その他の石彫品を制作し、販売しています。 思わず微笑み返したくなるやさしい表情の石の彫刻「石んこ彫刻」                             写真は、石んこ地蔵ひとりやさしさ」      

和み地蔵 福島のOさん撮影鎌倉の長谷寺の和み地蔵は石神彫刻工房で制作しました。

宮城県在住の彫刻家・平泉正司が、国産白御影石を、心を込めてひとつひとつ手彫りで作ります。  36 どんぶり地蔵 『石の声を聴き、自然の声を聴き、自分の内の声を聴きながら、彫ります。確かな技術とともに、手彫りの温かさやさしさを感じ取っていただけると思います。』(作者)

A ありがとう:正面を向いています
B 微笑み:向かって左に顔を傾けています
C やさしさ:向かって右に顔をかたむけています
D 祈り:正面を向き目を閉じています
E 願い:目を閉じて顔は向かって左に傾いています
F 安らぎ:目は閉じて口が少し開いています

 


高さ 税込価格8%  (本体価格) 重量
13cm 16,200円   15,000 円 1.0 kg
16cm  16,200円   15,000 円 1.7 kg
19cm 18,360円   17,000 円 2.7 kg
22cm 21,600円  20,000 円 4.5 kg
25cm 34,560円   32,000 円 6.0 kg
29cm  51,840円  48,000 円 8.0 kg
35cm 91,800円   85,000 円 14 kg
40cm 145,800円   135,000 円 約 25 kg

2017年2月2日、石んこ地蔵40cmの価格と、錫杖地蔵の価格を変更しました。 石んこ地蔵40cmは、これまでは税込172800円と表示しておりましたが、145800円と書き換えました。カタログでは、2106年3月から変更しておりましたが、ホームページを直していませんでした。ご迷惑をおかけいたしました。

ひとつひとつが手彫りです。

原材料、愛知県の白御影石。色は、鉄さびと墨を染み込ませています。
手作り品につき、見本の写真との多少の違いはご了承くださいませ。

在庫があれば、その写真をメールでお送りします。(2~3体からお選び頂くこともあります)
新しく制作する場合、4週間ほどお時間を頂きます。完成品の写真をお送りしますので、ご確認後のご入金となります。

簡単な文字彫りいたします。ご相談ください。

3万円以上送料無料 3万円未満送料500円

ヤマト運輸の代引きもご利用いただけます。

25cm以上の大きさの石んこ地蔵用に、自然石輪切りの台座もございます。厚さは5〜6cmほどです。税別2000円〜。色や大きさはお任せください。

ご注文フォームへ

電話やFAXでもどうぞ 0224-84-6410(℡,fax兼)

 

東日本大震災でご家族を亡くされた方にお届けしております「手のひら地蔵」をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。 「手のひら地蔵」をお届けした方の声は、こちらのページをご覧ください。  

石んこ地蔵をどうぞ はコメントを受け付けていません。

コメントは停止中です。

※当サイトの写真の多くはクリックすると拡大表示されます

3月23日から25日まで

(2017年3月22日)

明日、3月23日から25日まで、私たちは家を留守にします。
メールは受け取れなくなります。
電話は留守番電話になります。
音声で携帯電話の番号をお知らせしますので、お急ぎの時はお掛け直し下さい。

または、facebookページのメッセージをお使いになれる方は、そちらでお願いします。

工房には、スタッフの高橋健太郎さんが居てくれますので、
作品の見学にはいらしていただいて結構です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

作品の制作

石んこの制作過程はこちら(動画もご覧いただけます)

作品の色

写真によっては光の当たり方や、天気などにより、多少色あいに違いが出ております。お客様からの色あいのご指定は、お受けできません。ご了承ください。
詳しくはこちら

送料について

重さや地域(日本国内)に関わらず、3万円以上ご購入で送料無料。
3万円未満でも送料全国一律500円
詳しくはこちら

お支払い方法

代金引換・各種クレジットカード、ご利用いただけます。
詳しくはこちら

トピックス

合唱する石んこ地蔵さん。クロッカスも合唱しているみたいです。

(2017年3月16日)

石んこ地蔵19cm

クロッカス

カンガエル

(2017年3月13日)

「カンガエル」

何かをかんがえているのか。

うっとりしているのか。

ウグイスの声を聞きました。

これから緑が増してくるでしょう。

カンガエル

 

 

3月のカレンダーの写真です。

(2017年3月2日)

2017年3月のカレンダー写真

石んこ工房便り

川崎第二小学校の卒業式に参列してきました。

(2017年3月17日)

2011年の4月に入学した子どもたちが、この春小学校を卒業です。
その3月11日、東日本大震災。
そのとき1年生になった彼らが、もう卒業です。
感慨深いものがあります。

その3月は、うちの末娘が小学校卒業のとき。
それでも予定より1週間ほど遅れただけで、卒業式は出来ました。
卒業式が行われ卒業証書をその手に渡された、そのことだけでも幸せです。
でも、学校側の判断で、式は来賓をお呼びせずに、卒業生と先生と父母で、静かに行われました。

今日の卒業式は、
卒業生は10人。
それに対して、来賓は20人くらいは居たでしょうか。
多くのお客さんにお祝いされての卒業式、
どのお子さんも、立派に成長しました。
震災後すぐに、
宮城県の沿岸部から、お母さんの実家の、この町に引っ越してきたお子さんも居ます。

1年生の時から見ている私は、成長が良く分かります。
毎月の読み聞かせボランティアをしているので、ご招待いただきました。

明るい未来に向かって、歩んでいって欲しいと思います。
誰のためでもない、自分の人生を。
そして、これからは、学校の先生のいうことをただ聞くような生徒ではなく、自分の判断で動けるようになってほしいなあ、と思うのでした。

SONY DSC